FC2ブログ
おすすめリンク
M&A
カウンター

地図

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

金融IT

  1. スポンサーサイト(--/--)
  2. 大和証券SMBCの次世代売買システム(06/07)
  3. 新生銀行のオフショア開発・グローバルソーシングの活用(06/07)
  4. メモリDBを使う次世代東証売買システム(04/08)



スポンサーサイト

--.--.--(--:--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓クリックよろしく願いします。↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 株ブログへ人気blogランキングへFC2 Blog Ranking
スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]

大和証券SMBCの次世代売買システム

2008.06.07(19:16)
大和証券SMBCの次世代売買システムはインドの最大手のタタ・コンサルタンシー・サービシズが開発を担当してるようです。
日本では金融システムは欧米に比べて遅れてますからね。
日本のリテールオンライン証券が安価で高度な売買機能を提供してくれるのはまだまだ先の話ですね。
参考情報
http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/COLUMN/20080306/295579/
スポンサーサイト


↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓クリックよろしく願いします。↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 株ブログへ人気blogランキングへFC2 Blog Ranking
金融IT | トラックバック(0) | コメント(-) | [EDIT]

新生銀行のオフショア開発・グローバルソーシングの活用

2008.06.07(19:08)
新生銀行では自行システムの開発、運用にインドやマニラの賃金の安いオフショアを利用しています。また、システムもメインフレームではなく、フルオープンソースでFLEXCUBEという国際標準のベストプラクティスが採用できるパッケージを導入しています。
新生銀行は外資に買収されたので思い切ったことをしていますが、保守的な日本の金融はどうでしょうかね。
参考記事
http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/COLUMN/20080529/304806/?ST=management

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓クリックよろしく願いします。↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 株ブログへ人気blogランキングへFC2 Blog Ranking
金融IT | トラックバック(0) | コメント(-) | [EDIT]

メモリDBを使う次世代東証売買システム

2008.04.08(16:21)
大分前の話題ですが、次世代の売買システムはEDF(Enterpise data farbric)のような、データを各サーバ内のメモリに保存しサーバ間でデータを同期を取ることにより、サーバ間の通信、フィジカルディスクへのアクセスをなくすことにより高速でトランザクションを処理することができるようです。
http://itpro.nikkeibp.co.jp/99/tousyou/index.html
大元がしっかりしないと、自動売買システムなども本格的には普及できないのでしょう。。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓クリックよろしく願いします。↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 株ブログへ人気blogランキングへFC2 Blog Ranking
金融IT | トラックバック(0) | コメント(-) | [EDIT]